忍者ブログ
旅はいいよなー

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

由布院温泉 和風旅館 津江の庄
■お部屋食で本当にゆっくりお料理を愉しみたい方へ■お料理5つ星の料理宿!源泉100%美肌の湯が自慢
 
・住所 〒879-5102
大分県由布市湯布院町川上2093-4
・TEL 0977-84-2100
・FAX 0977-84-5800
・チェックイン 15:00 (最終チェックイン時刻 18:30)
・チェックアウト 10:00
・交通アクセス JR久大本線「湯布院駅」より車で5分/大分自動車道・湯布院ICより15分でございます。
・駐車場 10台まで駐車可能です。(無料)※夕食付きの当日ご予約も承っております。
・料金 7,350円~
 
■ 館内設備
・売店 ・宅配便 ・マッサージサービス ・大浴場 ・露天風呂 ・モーニングコール ・車椅子をご利用のお客様は事前に必ずご連絡ください。 
■ 部屋設備
部屋数:8
・洗浄機付トイレ ・タオル ・リンスインシャンプー ・金庫 ・湯沸かしポット ・電話 ・ドライヤー ・カミソリ ・バスタオル ・お茶セット ・くし ・石鹸(固形) ・シャワーキャップ ・浴衣 ・おふろセット ・電気スタンド ・冷蔵庫 ・テレビ ・ブラシ ・ハミガキセット 
■ その他設備、サービス
食事場所 朝食:広間
夕食:部屋
お風呂 種類:温泉
泉質:弱アルカリ単純泉
効能:神経痛
周辺のレジャー 美術館,ゴルフ,サイクリング,登山,動物園,テニス,水族館,遊園地,乗馬,箸作り体験、
身障者設備 ・車椅子可 ・貸出用車椅子 ・客室内に洋式トイレあり ・アレルギーに配慮した料理への対応可能 
外国語対応 中国語:少し分かるスタッフが数人いる。
英語:ネイティブに近く流暢なスタッフが数人いる。
韓国語:少し分かるスタッフが数人いる。
注意事項 ■入湯税が別途必要です。(大人お1人様150円),■チェックインが18:00以降の場合は、必ずご連絡下さいませ。(TEL 0977-84-2100),■宿泊施設で現地でのクレジットカード支払いはVISA、Master、Saisonカードの利用が出来ます。,■事前オンラインカード決済もご利用頂けます。,■小学生のお子様のご夕食は「大人に準じた料理」となり、幼児のお子様は「お子様ランチ」となります。,■なお、お子様の朝食は大人と同じ和朝食でございます。※アレルギーなどの食材がございましたらご連絡下さいませ。,■お子様用の浴衣が3サイズ(大・中・小)ございます。事前にお知らせ頂きますと助かります。,■お布団の付いたお子様のアメニティは、浴衣・歯ブラシ・タオル・ゲタ・羽織(冬のみ),■お布団の付かないお子様はご用意がございませんので予めご了承下さいませ。,■小さいお子様用にバスチェア・ベビーチェアをお貸ししております。お気軽にお声掛け下さいませ。
キャンセルポリシー キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。
連絡なしの不泊   :宿泊料金の100%
当日        :宿泊料金の100%
前日        :宿泊料金の50%
2日前から      :宿泊料金の30%
3日前から      :宿泊料金の30%
7日前から      :宿泊料金の20%
予約成立後から   :宿泊料金の0%
使用可能なカード ・VISA ・Master Card ・Saison ・利用可 
カード利用についての注意事項 ★オンライン・カード決済でしたらカードの種類は問いません。
特典 トランプの貸し出し有り
その他 ★現地でのカード支払いの場合、VISA、Master Card、 Saison の3社でお願いします
■ お客様の声
部屋での食事だったので、ゆっくり出来ました。料理もとても美味しかったです。 2011-03-09 08:39:40投稿…続きを読む

 



「由布院温泉 和風旅館 津江の庄」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.大分県の別府温泉(特に鉄輪)・湯平温泉・湯布院温泉で、休日素泊まり3、000円/人までの宿(できれば湯治タイプ)を探しています。宿の設備や新旧には拘りませんので、あくまでも低価格優先でのご教授をおねがいいたします。
A.あくまで価格優先ということで。先日別府に行った時、春日温泉の近くにある「北部旅館街」なる路地を通りました(地図の辺りです)。すっごく鄙びた木造家屋の並ぶ通りで、とっくに全館廃業かと思ったら、軒先に「空室あります 素泊り2,500円」という札が下がった宿もありました。旅館名は憶えてないのですが、多分飛び込みで泊まれると思います。ネットで調べてみたら元は遊郭街だったみたいですので、自炊設備はないと思います。・すずめ旅館http://loco.yahoo.co.jp/place/d9f35bf9f7055c0636857e5589d9008c9ac9b61b/・かおり旅館http://loco.yahoo.co.jp/place/07351ee21c999d0ddbc93c5b0d9ac95c49a59d25/?・ちとせhttp://loco.yahoo.co.jp/place/bda1807ec8293fbeb95febdad693d5ca627fbfc6/?・あおしま旅館http://loco.yahoo.co.jp/place/a22da0014d4a1711d6c4615c6038cc993a6d5344/?
Q.G.Wに、家族で福岡1泊、湯布院1泊する予定です。福岡から湯布院へのルートで、お勧めの観光スポットを教えてください。九重の大橋?は、遠くて難しいでしょうか?子供(中1、小2)がいるので、地獄めぐりなどもいいかなぁと思っています。湯布院では、湯平へ宿泊予定です。湯布院メインロードからは離れていますよね・・・湯布院観光は、湯平で宿泊した次の日(最終日)での観光でも、充分でしょうか?湯布院温泉で立ち寄り湯もして帰りたいのですが・・・。色々欲張りに質問しましたが、宜しくお願いします。
A.http://www.mapfan.com/routemap/routeset.cgi?Func=r&MAPS=E130.29.19.4N33.37.42.0&MAPK1=E131.13.38.5N33.10.3.7&MAPG=E131.19.37.2N33.11.17.6&COND=normal&HW=default&FR=default&REST=use&WAY=car湯平はちょっと離れてますね でもそこから由布院まで車で行っても 30~40分ぐらいかな例えば 福岡を何時ごろ出発されるかわかりませんが 朝早いのなら 高速で 先に別府まで行って 別府観光するその夜には 湯平温泉で1泊し 次の日 由布院まで行って 由布院散策観光して 昼から夢想園で立ち寄り湯をして3時ごろには出発して 九重吊り橋へ行く 1時間もあれば 往復しても十分夕方5時ごろに また福岡まで帰る? 福岡でいいのかな?鹿児島に帰るのですねでは 福岡から ですと 九重吊り橋は 高速より南側で 由布院までは40分ぐらいの距離です釣り橋を往復渡って¥500 1時間ぐらいの滞在でいいと思いますそこから由布院までは 高速を使わず しまなみハイウエィを走って行きます ちょうど高速の出入り口の道の駅のところへ出ます由布院の散策は 3時間もあれば 湯の坪街道を歩いて観て食べて 金鱗湖まで およそ1kmぐらいの距離です後は 耶馬溪とか 青の洞門とか 八面山頂展望所とか行けたらいってみるといいかもあとは 別府のセントレジャー城島高原とか 九州自然動物公園アフリカンサファリ私も今度鹿児島行きます^^
Q.大分の温泉(湯平温泉、湯布院、天ケ瀬など)、博多からアクセスが良く、泉質の良い(源泉100%掛け流し)の宿があれば教えて下さい。そこそこ綺麗な和室または古民家風の部屋が希望で、客室露天と家族湯があれば最高です!2名で1~2月を予定しています。料金は問いません。このわがままな希望に叶う宿はありますでしょうか?
A.湯平温泉、湯布院、天ケ瀬では湯平はアクセスが悪くご希望のような宿花灯りhttp://www.hana-akari.co.jp/以外はありません。湯布院は星の数程宿があってお勧めは難しいですが一押しはわらび野http://www.warabino.net/か草庵秋桜http://www.yufuin-kosumosu.jp/です。特に秋桜の食事は湯布院でも屈指です。あとは、二本の葦束http://www.2hon-no-ashitaba.co.jp/他の方が書かれている梅園http://www5.ocn.ne.jp/~baien/とか部屋に若干問題ありますがお風呂なら庄屋の館http://www2.ocn.ne.jp/~syouya/index.htm天ヶ瀬はご希望のような宿は少ないです。天水をお勧めの方がいますが、この宿の露天風呂付き客室は2室しかなかったと思います。部屋食のできる方の部屋に2回泊まりましたが余りお勧めできません。洗面とトイレの上が滝観苑(露天風呂)に行く通路になっていて足音がもの凄く全く落ち着けませんでした。



[関連タグ]


 湯布院・湯平

PR
 

  • SEOブログパーツ
【Links】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]